シマタの趣味ブログ-shiM4tA1's Hobby Blog-

ガンプラとかゲームとかミニ四駆とか。好きな物について書いてます

2021年に買って・出会ってよかったもの

さて、このブログを訪れてくれた方々はこの1年をどう過ごしただろうか。

 

仕事で忙しかった方も、そうでない方も何とも鬱屈とした1年だった事だろう。COVID-19の影響で極力外出は控えるようにと耐えた方々にとっては特に。

 

しかし、物は考えようでこのような時だからこそ発見・発掘できるものもある。というわけで、今年買って・出会ってよかったものを発表していこうと思う。趣味ブログにもかかわらず、食べ物なども混じっているが許してほしい(笑)。

 

 

ゲーミングデスクとゲーミングチェア

f:id:shiM4tA1:20211226205312j:plain

CYBER-GROUND ゲーミングデスクワイド(幅120)

CYBER-GROUND ゲーミングチェア

 

 

 

家具ブランド『タンスのゲン』製のゲーミングデスク&チェア。

 

今年の夏から秋ごろにかけて、自宅の整理整頓を行い、自室のスペースに余裕ができたので思い切って購入(それまでは家族共用のPC部屋にあるPCにPS4をつないでゲームをしていたのだが、それだと私がゲーム中に誰もPCを使えなくなるという不便さがあった)。

 

まあ今後は自分専用のPC本体も用意するつもりであったし(ブログの記事執筆をもっとはかどらせたい)、その前段階としてこういったものを用意しておいてよかったと思う。

 

肝心の使い心地だが、デスクは安価だが頑丈、機能は必要最低限という感じ。天板の四つ角が斜めにカットされているので何かと便利だ。上下の高さ調節などは出来ないが、基本的に調節機構は少ない方が良いという考え方の人間なので十分満足。デザインもスタイリッシュで気に入っている。チェアの方はこんなに安くていいのか?というくらいとにかく使い心地が良い。リクライニングに合わせてひじ掛けが稼働する点も気に入っている。フットレスト付きなので仮眠も十分に可能だろう。私は神経質だからベッドじゃないと眠れないが(笑)。

ゲーミングモニター

f:id:shiM4tA1:20211226205336j:plain

DELL S2421HGF

 

 

Dellのゲーミングモニターで23.8インチサイズ。

 

シマタは主にFPSプレイヤーなので、画面が大きすぎるとHUDなどの情報が離れすぎて見えづらくなるためにこのサイズにした。一応、後々PS5を購入する事も考慮し、対応しているモデルを選んでいる。

 

使い勝手に関しては、画質や色合いの調整などを背面から突き出しているスティック一つで行うのだが、ある程度の慣れが必要だと感じた。また、操作や設定の方法を知るにはオンラインマニュアルを見る必要がある。画質や追従性など、モニターとしては値段相応の性能なのではないかと思う(現状、120fpsとかの出力ができる機器が手元にないので検証は出来ていない・・・)。あと、スピーカーはついていないので注意

ゲーム作品

Bloodstained Ritual of the Night(PS4、PC)

 

当初、PS4のフリープレイでDLしプレイ、大変面白かったのでPC版(Steam)も購入した。サイドビュー視点探索型アクションゲームで、いわゆるメトロイドヴァニア系の作品。グラは3Dだけどやってる事は2Dアクションなので、見た目は新しく中身は懐かしい仕上がり。私のように2D時代に思いを馳せるのが好きな人向けのゲームだ。

 

仕掛けを動かしたり、隠された道を開いたりといったよくある手段だけでなく、敵から奪った能力を駆使して先に進む必要があったりと、とにかく『探険する事の楽しさ』を感じられる作品だった。あとは全体的に女性キャラがエr・・・もとい、魅力的なのもポイントである。BGMもとてもカッコいい。特にスタート直後のガレオン船内の曲がとても好み。

Risk of Rain 2(PS4

 

(↑のリンクは北米版。日本語版が確実に欲しい場合はDL版の方を購入しよう)

友人に勧められて購入し、ドハマりしたゲーム。いわゆるローグライク系で、スタート時には固有のスキル以外には何も装備していないが、宝箱を開けるなどしてアイテムを手に入れていき、その特殊効果を重ねていくことでパワーアップしながらステージを攻略していくという作品。時間経過とともに敵はどんどん強くなっていくので、いかに速くかつ多くのアイテムを回収しながらステージを進められるかがカギとなる。

 

世界観はSF系で、BGMも非常にカッコいい電子音楽なので好きな人にはめちゃくちゃ刺さる作品となっている。まだまだ今後のアップデートが期待できる作品なので、長く楽しみたい人にはオススメの一本だ。

ウマ娘 プリティーダービースマートフォンアプリ)

言わずと知れた、今年一番話題に上ったといっても過言ではないアプリ。実在の競走馬と同じ名前を持ち、その馬の戦績や特徴・生涯をキャラデザインとして落とし込んだ擬人化キャラクター『ウマ娘』が熱いレースを繰り広げるという内容。基本的には育成ゲームであり、最終的には育成の終わったウマ娘(殿堂入りウマ娘)を様々なレースに出走させる(PvE・PvPともにあり)事ができる。

 

キャラクターは見た目だけでなく中身(性格や背景)まで緻密に描かれているし、ゲームの根幹が『アイドルもの的な歌やライブ』よりも(もちろんそちらの出来もすごいのだが)、『育成とレース』に置かれているのも好感が持てた。競馬という真剣な勝負の場に対して、ゲーム制作陣がきちんとリスペクトをしている事がよくわかる作品である。ウマ娘に関しては、アニメも観たしいろいろと書きたい気持ちもあるので後日別に記事にしようと思う。

 

このほかにも、No Man's Skyというゲームも購入したのだが、そちらはまだ始めたばかりなので今回は語らずにおく。ただし、かなり世界観に魅力を感じで購入したのは間違いないので、買ってよかった製品であることは確かである。

おせんべい

f:id:shiM4tA1:20211226205513j:plain

栗山米菓 ぱかうけ ゴールドシップの特製からしマヨやきそば風味

栗山米菓 ヴァかうけ サヴァ オリーブオイル漬け風味

 

 

 

いずれも、栗山米菓の『ばかうけ』とのコラボ商品。『ぱかうけ』の方は現在Amazonに在庫が無いようでリンクなし(ただし、先日Youtubeチャンネル『ぱかチューブっ!』の動画内で『ぱかうけ』の再販が決定したとの情報があったので、そのうち手に入るようになるだろう)。

 

味はどちらもびっくりするくらいおいしい(『ぱか』の方はからしマヨ焼きそばそのものって感じだし、『ヴァ』の方も独特の風味がたまらない)。いずれも一口サイズに小型化されていて食べやすく、特に『ヴァ』の方はこれまでのばかうけとは違う、カリカリとした食感になっている。ヴァかうけにはもう一つの味『レモンバジル風味』もあるので、いずれ試してみたい所存だ。

 

ちなみに、これらの製品はAmazon以外だと、栗山製菓の公式ショップ『せんべい王国ネットショップ』でも購入できる。特に『ぱか』の方は人気で売り切れやすいので、公式から直接買った方が良いかもしれない。

ルートビア

A&W ルートビア

 

 

 

アメリカではポピュラーな飲み物。『ビア』とあるが酒類ではなく普通の炭酸飲料である。元々は自家醸造の低アルコールハーブ飲料だったものに、薬剤師が手を加えたりなど紆余曲折あって現在の形になったようだ。メーカーにより違いはあるが、様々な薬草が加えられているためある程度は薬効が期待できるかもしれない。

 

はじめは独特な香りと味が好きという単純な理由で愛飲していたのだが、最近になって成分を調べてみたところ、尿路結石等の予防に有用とされる『シラカバの樹皮』が使用されているとのことで余計に好きになった(シマタはしょっちゅう軽度の結石に悩まされている)。あとは、カフェインが入っていないおかげなのか(それとも別の要因か)、飲んだ後食道や胃が荒れない(シマタはコカ・コーラなどを飲むと結構な確率でそのあたりが荒れる)し、アルコールが入っていないのでメンタルに悪影響が出ないのもよいところ。悪いところは、砂糖の含有量が多い事・香りが独特過ぎて受け入れられない人がいる事だろう。たとえ香りがクリアできて好きになっても、砂糖の過剰摂取を防ぐために一日に飲む量は1缶までにしておいた方がよさそうだ。

そば

f:id:shiM4tA1:20211226205542j:plain

藤原製麺 北海道育ち 幌加内そば

 

 

 

母上様がどこからか情報を仕入れてきたために購入に至ったおそば。

 

食べてみればわかるが、とにかくとてもおいしい。なんでこんなにおいしいのだ!?と思うくらいにおいしい。一本いっぽんが少し太めでコシがあるのもそうなのだが、なんだかそば自体からうま味がたくさん出ているような気がするのだ。ちなみにうちはよくけんちんそばにして食べている。よければ年越しそばにでもお試しあれ。

 

さて、こんなところだろうか。

 

買ってよかったものはまだまだあるような気がするので、もし思いついたら後日追記しようと思う。

 

では、ノシ