シマタの趣味ブログ-shiM4tA1's Hobby Blog-

ガンプラとかゲームとかミニ四駆とか。好きな物について書いてます

耳も守れて安心!電子防音イヤーマフ『Impact Sport』購入&使用レビュー

先日、久々にサバゲーに行ったわけですが、それに間に合うようにイヤーマフを新調しましたので、軽くレビューします。

 

 

今回購入したもの

f:id:shiM4tA1:20210410193158j:plain

Howard Leight by Honeywell Impact Sport Electronic Earmuff(¥8,081)

 

 

 

サバゲーイヤーマフとして某サイトで見た記事でオススメされていたので、Amazonで購入しました。外部の音をマイクで拾い、電子的に話し声や小さな物音は増幅・実銃の銃声などの衝撃音はシャットアウトしてくれるいわゆる電子防音タイプです。

 

以前から所持していたイヤーマフは『耳の穴ガード』として使用していたのですが、そちらは電子防音ではなく単に遮音するだけのものだったので、ゲーム中に周囲の音や人の声が聞きづらくなり、ちょっと困っていたのでした。 

内容物

f:id:shiM4tA1:20210410202153j:plain

内容物はイヤーマフ本体、オーディオコード、単4電池2本と説明書。 

使い方 

f:id:shiM4tA1:20210410212119j:plain

使用するには、まず本体サイドのカバーを外して電池を入れます。

 

f:id:shiM4tA1:20210410212155j:plain

次に反対側の電源スイッチ兼ボリュームを回して音量を調節できます。ただし、スイッチが入ってすぐくらいの位置だと全然音量が上がらず、しばらく回していくと少しずつ外部の音が聞こえるようになります

 

f:id:shiM4tA1:20210410212807j:plain

また、スイッチ下にあるイヤホンジャックには付属のオーディオコードを挿す事ができます。音楽プレーヤーやiPhoneなどのスマホと接続すれば好きなBGMを聴きながらのサバゲーも可能です(笑)。ただし、接続した機器によるのかもしれませんが、ブーンというノイズが聞こえ続ける事があるので、気になる人は要注意です。

サバゲーで使ってみた感想

サバゲーで使ってみた感想としては、電子防音イヤーマフとしては必要十分な性能の製品かな、という感じ。ただし、Amazonの購入ページにあるレビューの中には、もしかして不良品に当たってしまったのかな?という方もおられるようなので、購入した場合はすぐに不良が無いかをチェックした方がよさそうです。

 

外部から聞こえる音の音質に関しては、イメージ的には『いっぺんボイスレコーダーに録音した音声を耳元で再生している』感じに近いです。しかし、会話は問題なく出来るし音の遅延も感じない上、例えばエアガン表面をなでるスーッというような微かな音までしっかり聞こえるのでイヤーマフをつける前よりいろいろな音に気付けるようになります。周囲の足音にも気づけますので、戦略の幅が広がっていいと思いますよ。

 

あえて悪い点を挙げるとするなら、(これはイヤーマフすべてに言える事ですが)圧迫感でしょうか。 頭を左右から挟まれている感覚は、慣れればどうという事は無いのですが、人によってはかなり不快かもしれません。加えて、テンプルのあるアイウェアをしている場合、イヤーマフの圧迫によってテンプルが耳の上部と擦れ、だんだん痛くなっていきます。もっとも、こればかりはイヤーマフ側ではどうしようもないので、アイウェアをテンプルの無いバンド式にするしかないですね。

総評 

というわけで、総合性能的には十分オススメ出来る製品でした。 民間シューター装備・ハンター装備などのプレーヤーには特に似合うと思います。一方、機能も見た目も民間向けの製品であり、無線機用のマイクがついていないので、いわゆる特殊部隊装備等に合わせると違和感があります

 

さて、今回はここまで。 皆さんの装備選びの参考になれば幸いです。

 

では、ノシ