シマタの趣味ブログ-shiM4tA1's Hobby Blog-

ガンプラとかゲームとかミニ四駆とか。好きな物について書いてます

Cz75いじりPart3:リベンジ!アイアンサイトをS&W風に【36W UVランプ購入】

Carbon8 Cz75いじりPart3。 

 

今回は、以前の記事↓

shim4ta1.hatenablog.com

で行ったアイアンサイトの改造のリベンジです。Part1ではUVレジンを硬化させることに失敗したため代わりに蓄光エポキシ樹脂で改造したフロントサイトですが、やはり見た目が気に入らなかったので、ちゃんとしたUVランプを購入して再チャレンジしました。

 

  

購入したUVランプの開封・紹介

まずは、今回の作業のために購入したUVランプについて軽くレビューします。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085513j:plain

リュミエラ UVライト CX111S(¥1,780)

 

 

 

Yahoo!ショッピングを利用して購入。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085521j:plain

箱裏の記述。UVランプの紹介記事などをいくらか読んだところ、消費電力が9Wのタイプと36Wのタイプがあり、後悔したくないのであれば出力に余裕のある36Wのタイプにした方がいいという事だったのでこちらの商品に決めました。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085532j:plain

箱から中身を取り出したところ。緩衝材に包まれたUVランプ本体や説明書の他に、オマケでリュミエラのUVレジン液が付いてきます。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085542j:plain

こちらが説明書。カラー印刷できれい。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085550j:plain

説明も写真付きで丁寧にされており、わかりやすいです。こういった部分で手を抜かないのは好印象ですね。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085616j:plain

本体の方に移りまして、トレー部から天井までの高さはおおよそ55mm、

 

f:id:shiM4tA1:20201203085630j:plain

横幅(ランプの内側)はおおよそ130mmくらいでしょうか。そこそこ大きなものも入れられますね。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085606j:plain

さて、では使えるように緩衝材等を外していきましょう。まずは鏡の付いたトレーを引き出します。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085645j:plain

トレーを引き出したところ、端の部分にプラスチックのくずが。まあ機能的には全く問題ないので気にしない方針で。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085655j:plain

鏡の保護フィルムを剥がします。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085705j:plain

最後に本体に取り付けられた緩衝材を取ります。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085732j:plain

トレーを本体に戻し、使用できるようになりました。 

作業内容

さて、ここからがCz75いじりの本編です。やり方は以前の記事でも参考にしたこちらの動画↓

youtu.be

を参考にして行っていきます。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085753j:plain

まずは、Part1で仕上げた緑の部分をヤスリで削り落とします。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085805j:plain

ある程度棒ヤスリをかけたら剥がせました。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085823j:plain

ゴミを取り除いてきれいにしたら、前回同様シリコンオイルを塗布したアルミ板を型とするためボンディックで仮止めします。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085835j:plain

UVレジン液を用意します。写真のように気泡が入った場合は、針状のものでつつく等して気泡を丁寧に消してあげましょう。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085847j:plain

着色剤として使用したのがこちら。

 

 

 

f:id:shiM4tA1:20201203085857j:plain

はじめ、動画にあるように赤と黄を少量入れて混ぜました。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085907j:plain

しかし、色が薄すぎてクリアレッドになってしまったので、白も混ぜました。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085924j:plain

さらに赤と黄を入れてちょうどよい色になるまで調整。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085934j:plain

いよいよ型の中にレジン液を入れていきます。着色剤を入れたことで硬化しにくくなっているはずなので、入れる量はほんの少しだけです。

 

f:id:shiM4tA1:20201203085945j:plain

ランプの庫内に入れてUVを照射します。終わったらまた少しだけ型の中にレジン液を流し入れ、UV照射・・・と繰り返します。

 

f:id:shiM4tA1:20201203090002j:plain

最終的にはこんな感じに。つついてみるとしっかり硬化していました。UVランプに備わっている2分経つと自動的にランプが消えるタイマー機能のおかげで、テンポよく作業が進みました。硬化が確認できたので、アルミ板の型を外していきます。

 

f:id:shiM4tA1:20201203090015j:plain

するとこんな感じに余分があるので、デザインナイフ等でそぎ落とします。

 

f:id:shiM4tA1:20201203090031j:plain

最終的にはこんな仕上がりに。比較的簡単に出来る加工ですし、S&Wなどのリボルバー愛好家の方で、フロントサイトのレッドランプが取れてしまった!補修したい!という方にもおすすめの技術です。

 

f:id:shiM4tA1:20201203090047j:plain

あとは、リアサイトに入れたラインも夜光塗料の赤が少し安っぽく感じていたので普通のホワイトラインに戻します。一旦ペイントリムーバーで塗装を落として・・・

 

f:id:shiM4tA1:20201203090058j:plain

こんな感じに。使ったペイントリムーバーはGSI クレオスのMr.ペイントリムーバー(記事執筆現在、Amazonでは在庫なし?)です。

 

f:id:shiM4tA1:20201203090113j:plain

ラッカー塗料のつやけし黒を塗り、乾燥したらエナメル塗料の白でスミ入れ(エナメルうすめ液と混ぜてさらさらにし、流し込む)したら完成です。

 

 

 

仕上がり

f:id:shiM4tA1:20201203090125j:plain

サイトピクチャーはこんな感じ。シマタの大好物であるS&Wのリボルバーにかなり近い見た目にできました(笑)。

 

f:id:shiM4tA1:20201203090135j:plain

横から見たところ。やっぱりフロントサイトの色はこの方がしっくりくる感じ(笑)。

 

さて、今回はここまで。

 

このところ、作業内容がどんどん地味になっているような・・・。とりあえず今年いっぱいはサバゲーも自粛した方がよさそうな感じになってきてますし、トイガンいじり系の記事はしばらくはこんな調子かもしれません。そのかわりに、装備再現系記事を充実させられるよう努力しますね!

 

では、ノシ