シマタの趣味ブログ-shiM4tA1's Hobby Blog-

ガンプラとかゲームとかミニ四駆とか。好きな物について書いてます

【コスプレ・装備再現応援】R6Sに登場する銃【SDU編】

R6Sコスプレ・装備再現応援。

今回は香港の警察組織の特殊部隊SDU(Special Duties Unit)のオペレーターの装備する銃についてです。

 

 

メインウェポン

T-95 LSW

f:id:shiM4tA1:20200428145650j:plain

Yingが使用するライトマシンガン。実銃の名称は中国北方工業公司(略称はNorinco)95式班用機槍(モデル名はQBB-95 LSW)。中国の兵器メーカーである中国北方工業公司が開発・製造しているアサルトライフル「95式自動歩槍(モデル名はQBZ-95)」の分隊支援火器(Light Support Weapon)バージョン。
 

元になっている95式自動歩槍の特徴は設計当時としては斬新だったブルパップ式のレイアウトと使用弾薬です。それまで56式・81式自動歩槍で使用していた比較的大口径の7.62x39mm弾(ロシアのAK-47の弾薬)から、新たに開発した小口径高速弾である5.8x42mm弾へ変更しています。東側陣営にはこれより以前にロシアで設計された5.45x39mm弾(AK-74の弾薬)があるわけですが・・・なんだか西側陣営に比べると、それぞれに独自の弾を作っていてかつ淘汰されていないのが印象的です(西側陣営は基本的にいわゆる「NATO弾」かその弱装弾のみを使用しているイメージ。もちろん過程で生まれた弾薬もありますが、汎用性のないものは淘汰されています)。95式自動歩槍との違いは長いバレルとドラムマガジン。ゲーム内では80発とありますが、実物は75発だそうです。

 

実際のSDUでは使用されていません。本銃はあくまで中華人民共和国人民解放軍で使用されているものですので、イギリスの影響が色濃く残る香港、しかも警察組織の部隊であるSDUとは無関係でしょう。SDUではアサルトライフルとしてはSIG Sauer SIG556やH&K G36などを使用しているようです。

 

トイガンはまだどこのメーカーからも出ていないと思われます。Real Swordというメーカーから95式の輸出版である97式(使用弾薬が5.56x45mm弾のモデル)の電動ガンは出ていますが、マイナーゆえに外装のカスタムパーツもほぼ無いのでそれをベースにしたとしても再現は厳しいでしょう。またゲーム内のモデルは何故かAR-15系に装着できるようなピストルグリップに交換されていますが、おそらく実際にはそういったカスタムは不可能でしょう(95式のグリップはフレームと一体のはず)。アイアンサイトはこれまた何故かSIGタイプ(FBI SWATの記事に登場する556XIと同じ)。ハンドガードやトップレール、コッキングレバーに至るまでアレンジが入っている(実際に存在するパーツなのでしょうか?)ので、コスプレに使いたいのであれば何らかのエアガンをカスタムするよりも木材や段ボール、プラ板等を使って(あるいは3Dプリンターを使って)一から自作した方が早いかもしれませんね。

T-5 SMG

f:id:shiM4tA1:20200428145706j:plain

Lesionの使用するサブマシンガン。実銃の名称は中国南方工業集団(略称はCSGC) JS 9mm。中国の兵器メーカーである中国南方工業集団が開発した消音済みサブマシンガンである05式微声冲鋒槍(QCW-05)のサプレッサーなし、9x19mm弾仕様の警察・輸出向けモデルです。
 

95式自動歩槍同様、ブルパップ式のレイアウトのサブマシンガンですね。元の銃であるQCW-05は5.8x21mm DAP92弾という中国独自の弾薬を使用する(装弾数50発)のに対し、JS 9mmはすでに東西関係なく広く使用されている9x19mm弾を使用する(装弾数30発)ため、輸出にはちょうどよい仕様であると言えます。しかも、これまたすでに世界中で多く採用されているH&K MP5のマガジンをそのまま流用できるという特徴があります。ゲーム内で装着されているマガジンも、ちゃんとMP5用のものになっています。

 

実際のSDUでは使用されていません(95式と同様の理由)サブマシンガンとしては、H&K MP5H&K HK53(HK53は正確にはアサルトカービンだと思うのですが、サブマシンガン扱いされる事が多いのでいちおう含めました)が使用されています。

 

トイガンでは、これまたモデルアップされていません(3Dプリンタなどによる個人製作のものはあるみたいです)。ゲーム内イメージを見る限り、こちらの銃は変にカスタムパーツを組み込まれていないようなので、もしモデルアップされればそのままで良さそうですし、コスプレが目的であれば95式と同様木材や段ボール等の素材を用いて自作してしまうほうがよいかもしれませんね。

SIX12 & SIX12 SD

f:id:shiM4tA1:20200428145718j:plain

f:id:shiM4tA1:20200428145731j:plain

SIX12はYingが、SIX12 SDはLesionがそれぞれ使用するショットガン(SDの方は消音済み)。実銃の名称はどちらもCrye Precision SIX12で、SDの方はSilencerCo社のショットガン用サウンドサプレッサーであるSalvo12を装着、かつ専用ハンドガードに交換したもの。アメリカの装備品メーカーCrye Precision社が開発中(だと思われる。公式サイトにE-mailアドレスを入力するフォームがあり、「Be the first to know when the SIX12 becomes available.」つまり「(メールアドレスを登録して)SIX12の発売開始の知らせを真っ先に受け取れるようになろう」と書いてあるため)のブルパップ式・リボルバー方式のショットガンです。

元々は軍用ライフル・カービンに装着可能ないわゆるマスターキー的なドアブリーチング用のデバイスとして開発されていたようですが、本体が高度にモジュラー化されており専用のパーツを取り付ければスタンドアローン、すなわち単体でショットガンとしての使用が可能です。ゲーム内ではこの状態で使用されていますね。また、構造は薬室がグリップ・トリガーより後部にあるブルパップ式でかつ回転弾倉(リボルバー)という、もうこの文字列を見ただけでおなかいっぱいになってしまいそうな属性てんこ盛りです。実は、この構造は本来は非常に危険でありますリボルバーに詳しい方ならピンとくるかもしれませんが、回転する弾倉をスムーズに動かすには弾倉(シリンダー)とバレルのお尻との間にわずかなすき間(シリンダーギャップ)が必要です。普通のリボルバーはこのシリンダーギャップから発砲時の高圧燃焼ガスがふき出し、その威力は拳銃用の弾薬から発生するガスですらソーセージくらいなら一瞬で粉々に砕いてしまうほど(↓は米国で有名なシューター、ジェリー・ミチュレック氏による検証動画。3:00あたりからが.357Magnum弾での実験のスローモーション映像)。

www.youtube.com

SIX12ではこうならないために、発砲時にバレル後部と弾倉のすき間をシーリングする仕組みが備わっているそうです。しかも、そのシーリングがきちんと動作していない場合は発砲出来ない安全機構も組み込まれているとか(まだ市場に出ていない銃であるため、確かな情報ではないかもしれません、断定できなくて申し訳ないです)。

 

実際のSDUには使用されていません。現状は未発売なので当然ですね。SDUはショットガンとしてはRemington M870を使用しているそうです。

 

トイガンでも、残念ながらまだどこも発売していません(3Dプリンタで製作した方はおられるそうですが。詳しくは↓の動画)。

www.youtube.com

そもそも、弾倉後部にほとんどスペースがなく、エアソフトガン化する場合構造的に蓄圧カートリッジの使用を余儀なくされそうなので、海外で出ても日本では違法かあるいは法律スレスレのグレーゾーンのような気もします(モスカートなどもあるので「蓄圧=違法」というわけではないかもしれませんが、危ない橋を渡る必要はないですからね・・・)。今後日本でもし希望があるとすれば発火モデルガンでしょうかね・・・?

 

ちなみに、仮に再現できた場合、ゲーム内で装着されているアイアンサイトはMagpul社のMBUS Gen2です。

(←実物|レプリカ→) 

 

 

サブウェポン

Q-929

f:id:shiM4tA1:20200428145755j:plain

YingおよびLesionが使用するハンドガン。実銃の名称は中国北方工業公司(Norinco)92式手槍(モデル名はQSZ-92-9)。中国の兵器メーカー中国北方工業公司が製造した拳銃の中で初のポリマーフレームを採用した拳銃です。
 

QSZ-92-9の最も特徴的なのは使用弾薬で、通常の9x19mm弾も使用できる他、外径寸法は全く同じであるものの弾芯がスチールコアになっている9x19mm DAP92弾の使用が可能になっています。 これにより、弾丸の貫通力が高まっているそうです(ゲーム内では装弾数10になっていますが、実際は15です)。また、ゲーム内の説明文に「反動が小さい」とありますが、これも実際の92式手槍の特徴の一つで、作動方式がロータリーバレル式ショートリコイルになっていることが影響しているとのこと。

 

実際のSDUでは使用されていません。拳銃としてはグロック17やグロック19を使用しているようです。

 

トイガンでは、いまのところどこもモデルアップしていないようです。デザイン自体はいいのですが、人気があるかというと・・・ちょっとわからないですね。単にあまり情報がないために各メーカーもモデルアップしようがないだけかもしれません。

 

さて、今回はここまで。

 

まあ、一言で言うと「こう(自作)するしかないんだ!ほかに道はない!」という感じの記事になってしまいました(笑)。実際のSDUに採用されている武器だったらきっとトイガンで再現できるのになぁ・・・。どう考えても、UBIが「中国製の銃」にこだわって人民解放軍の採用しているものを持たせちゃったのが悪いですね。

 

次回はGROM編。みなさんのサバゲー・コスプレの参考になれば幸いです。

 

他のR6S装備再現系記事

光学機器

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

フォアグリップ

shim4ta1.hatenablog.com

レーザーサイト

shim4ta1.hatenablog.com

パスファインダー(初期オペ)

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

Year1追加オペレーター

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

Year2追加オペレーター

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

Year3追加オペレーター

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

Year4追加オペレーター

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

Year5追加オペレーター

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

shim4ta1.hatenablog.com

Year6追加オペレーター

shim4ta1.hatenablog.com 

shim4ta1.hatenablog.com