シマタの趣味ブログ-shiM4tA1's Hobby Blog-

ガンプラとかゲームとかミニ四駆とか。好きな物について書いてます

FMA WASスタイルホルスター(MOLLE対応)をベルトループ仕様にする方法

今回は、以前レビューした「FMA WASスタイル ユニバーサルピストルホルスター」がMOLLEに装着する仕様だったので、ガンベルトに直接装着できるようにベルトループ仕様に変更しましたのでその方法等を説明したいと思います。

 

 

以前のレビュー記事について

とりあえず今回のテーマに入る前に、「FMA WASスタイル ユニバーサルピストルホルスター」についての詳しい情報は↓を参照してください。

shim4ta1.hatenablog.com

 

いちおう簡単に概要を説明しますと、まず「Warrior Assult Systems」というメーカーから出ているユニバーサルホルスター(実銃用、トリガーガードの大きさが合う範囲であれば様々なピストルを収納可能&ボタンを押すだけで素早くドローできる画期的なホルスター)があり、それが欲しかったのですがすでにどこのショップも売り切れ。

 

なのでそのホルスターの機構を真似た(完コピではない)FMAというメーカーから出ている商品(エアソフトガン用、元になった商品には無い機構が付いており工夫されている)を購入、解除ボタンがすごく渋いなどの不具合があったのでそれらを修正してみましたという内容でした。

 

↓はWarrior Assult Systemsの実物ホルスター。最近再入荷してました。

 

(ぶっちゃけ本物のほうが良いと思います。シマタはFMAのホルスターを買ってしまったので使い続けますが・・・)

ベルトループが欲しくなったきっかけ&手に入れるまで

なんとかホルスターを手に入れたのはいいものの、FMAのホルスターを購入したとき焦っていた(数日後にサバゲーが控えており、Carbon8 Cz75を装備したかったため)こともあり、「MOLLE対応」という部分を読み飛ばしていました。 シマタは現在チェストリグなどは装備せず、ポーチなどの装備品を全て腰のデューティーベルトに装着しているスタイルのため、MOLLEに装着する方式だとベルトに直接装着することが出来ません(そのためMOLLEの面があるM4用マガジンポーチの上からホルスターを装着してました)。

 

f:id:shiM4tA1:20200207002038j:plain

ちょっと無理がある装着方法

 

しかし実WASホルスターの人気によりFMAのホルスター関連商品の在庫もかなり尽きていたようで、ホルスターに対応するベルトループアタッチメント(MOLLE固定用のマウント部分を取り外して交換することが出来る、だいたい600円くらいの商品らしい)もショップから姿を消していました。

 

その後もベルトループアタッチメントの再入荷を待っていたのですが、再販がいつかかるかが予想できない(というか急に絶版になることもある)のがミリものの常。どうにか出来ないかと考えていたところ・・・FMA製のM4用マグポーチを見ていた時に気づいてしましました。『この商品に付いているベルトループ・・・ユニバーサルホルスターと同じ規格じゃね?』と。

 

そんなわけで、600円程度のベルトループのためだけにマグポーチ一つ(1400円以上)を購入しました。おバカ。

 

購入したのはこちらの商品です↓

 

f:id:shiM4tA1:20200207001801j:plain

FMA FSMR M4用 マガジンポーチ DE(¥1,408)
 

Amazonにて購入。なにやらスタイリッシュな見た目のマグポーチ(これはこれで『S&S Precision』というメーカーの『SMR』という商品のコピー品みたいです)。 M4用ということで手持ちの次世代M4用マガジンを差してみました。

f:id:shiM4tA1:20200207002305j:plain

固くてこれ以上入らない

全然入らない・・・

MOLLE⇔ベルトループの切り替え方

とりあえずマグポーチのほうは置いておいて、MOLLEアタッチメントとベルトループアタッチメントの付け替えを行います。

 

といっても、 台形の形をしているベロを押しながらスライドさせるだけ。

f:id:shiM4tA1:20200207002814j:plain

どちらのアタッチメントもロックを解除しながらスライドさせれば外れる

で、取り外せたら目的のアタッチメント(今回はベルトループ)をスライドしながら本体に装着すれば完成。

f:id:shiM4tA1:20200207003027j:plain

ガイドレールにあわせてスライドさせる

f:id:shiM4tA1:20200207003102j:plain

これで装着完了

f:id:shiM4tA1:20200207003136j:plain

裏から見るとこんな感じ

デューティーベルトに装着する

ホルスターをベルトループ仕様に変えることが出来たので、ベルトに直接通すことが出来ます。

f:id:shiM4tA1:20200207003444j:plain

無事、ベルトに装着

これで当分の間はホルスターを交換しなくて済みそうです。試しにベルトを装着してみたところ、前回よりも快適になった感じがするので、次のサバゲーが楽しみですね~。

 

というわけで、今回は「アタッチメント交換のやり方」というよりは、「ベルトループアタッチメント単体が無くても、FMA製品の中で規格が共通なものに付いているベルトループを取り付けることが出来たよ!」という感じの記事でした。ちょっとした裏ワザみたいなところでしょうか。

 

もちろん、本来ならベルトループ単体で購入すれば済む話なので、特に急ぎでない方は、そちらを選択することをオススメします(笑)。

 

では、ノシ

 

(←取り付け部がMOLLE用の製品|取り付け部がベルト用の製品→)