シマタの趣味ブログ-shiM4tA1's Hobby Blog-

ガンプラとかゲームとかミニ四駆とか。好きな物について書いてます

春は花粉めがね、夏はサングラスにも!「Bolle Safety RUSH+」のススメ

今年も春は花粉、夏は強い日差しと、自然が猛威を振るっておりますね。昔に比べると、近年こういった要素が日本に住む多くの人を苦しめていると思います。そこで、春には花粉症予防薬を服用しながら花粉めがねをかけ、夏には日焼け止めを塗り、スポーツドリンクや経口補水液で水分補給しながらサングラスをかける・・・という人が増えていると思います。

 

そんななか、どうせなら春と夏、同じアイウェアで二役こなせる方がお得だと思いませんか?しかもそれが、サバゲーで使えるほど頑丈で安全性が高いとすれば・・・!?というわけで、今回は「Bolle Safety RUSH+」というアイウェアを紹介したいと思います(自然な導入)。

 

 

まず、「Bolle Safety」って?

「Bolle Safety(ボレーセーフティー)」とは、フランスにて1888年にて創業したアイウェアメーカー「Bolle(ボレー)」から派生した保護めがね専門ブランド。保護めがねというのは化学実験の時や工場での機械加工の時等にかけるアイウェアのことですが、このメーカーの製品は使用目的に合わせ多種多様な品揃えなのに加え、そのどれもがたいへんスタイリッシュでカッコイイという特徴があります。

 

 ↓に公式サイトのリンクを貼っておきます。

ボレーセーフティー公式サイト

「Bolle Safety RUSH+」とは

そんなオシャレさと機能性を両立しているBolle Safetyのブランドから発売されているのが「RUSH+(ラッシュ プラス)」というモデルです。こちらも先週レビューしたBONDIC同様、登場からだいぶ経っている商品になります(笑)。

 

なにはともあれ、まずは外見から。 

f:id:shiM4tA1:20200813160123j:plain

クリアレンズ

f:id:shiM4tA1:20200813160147j:plain

スモークレンズ

とりあえず、シマタが所有する二種類のレンズをば。これ以外にも、用途に応じたレンズが複数用意されています。

 

それはそれとして、なんともカッコイイ見た目だと思いませんか?非常にスポーティー、スタイリッシュですよね。

 

テンプルのデザインも凝っています。

f:id:shiM4tA1:20200813160213j:plain

オシャレなデザインのテンプル

 しかも、お値段もお手頃なのです(いずれも購入時は¥1,349)。

 

 

 

そして、この製品最大の特徴として、「"ガスケットキット"という専用のパーツを追加することで、グラスからゴーグルに変身する」という事が挙げられます。

 

こちら↓がそのガスケットキットです。

f:id:shiM4tA1:20200813160243j:plain

Bolle Safety RUSH+用ガスケット&ストラップセット(¥654) 

 

 

 

シマタがこのアイウェアと初めて遭遇したのはサバゲーフィールドで、それまでは同じくBolle Safetyから発売されているSTORMというゴーグルを使用していたのですが(シマタは視力が低いため、眼鏡と併用できるゴーグルである必要があったのと、シューティンググラスタイプのアイウェアサバゲーにおいてどうしてもゴーグルより安全性が低くなってしまうという先入観があったため)、ほかのプレイヤーさんがこのRUSH+を使用しておられるのを見て、「シューティンググラス型なのに、バンドがついてる!?」と、非常に驚きました。で、気になったのでその晩フィールドがアップしてくれる記念写真をチェックし・・・なんやかんやあってRUSH+の情報に行き着いたわけです(笑)。現在は、眼鏡をやめてコンタクトレンズを装用し、RUSH+を装備してサバゲーを楽しんでおります。

 

では、ガスケットキットを装着したRUSH+をご覧ください。

f:id:shiM4tA1:20200813160312j:plain

クリアレンズ+ガスケットキット

f:id:shiM4tA1:20200813160408j:plain

スモークレンズ+ガスケットキット

どうです、カッコイイでしょ?

RUSH+の性能

で、さっきからカッコイイばかり連呼していますけども、もちろんそれだけじゃなくて、機能面でも非常に優れています。サバゲーで使えるということで、安全性・耐久性はもちろんあるわけですが、それ以外にも良いところがたくさんあるのです。

 

まず、レンズに「プラチナコーティング」という優秀な曇り止めコートが施されているため、非常にレンズが曇りにくいです。ガスケットを装着した際も、適度な通気口が開けられているため、こちらも曇りにくさに一役買っています。

f:id:shiM4tA1:20200813160437j:plain

 

また、レンズを通して周囲を見た際、非常に歪みが少ないです。歪みが大きいと装着していて目が疲れたり、気分が悪くなる原因になるので、これはうれしい仕様ですね。

 

レンズの紫外線カット率も、レンズカラーによらず99.99%ということです。人間、皮膚だけでなく目からも日焼けをしますので、コレはかなり重要。また、こちらはレンズの種類によって異なりますが、ブルーライトもある程度カットしてくれるようです。レンズの種類による性能の差異については以下のリンクにあるページをご確認ください。

 

https://www.bolle-safety.jp/page/lens-innovations

 

(2020/8/13追記)

当記事投稿から1年ほど経ちましたが、その間にESPレンズモデルも購入したので紹介します。

f:id:shiM4tA1:20200813160921j:plain

ESPレンズ

ESPレンズはクリアとスモークの中間くらいの性能のレンズです。

f:id:shiM4tA1:20200813161903j:plain

上からスモーク、ESP、クリア

見た感じは薄く茶色がかったような感じで、写真ではボカシをかけてしまっているのでわかりませんが、表面にハーフミラーのような光沢があります。

f:id:shiM4tA1:20200813162012j:plain

内側はこんな感じ。色が薄く目が疲れにくい

クリアレンズより高いブルーライトカット率(60%くらい)で、スモークレンズほど暗くないため目が疲れにくいです(スモークレンズは長時間かけていると目の周りの筋肉が痛くなります)。

 

ただし、こちらのレンズにはクリアレンズやスモークレンズに施されている『プラチナムコート』がないため、そのままだとちゃくちゃ曇ります。かける前に必ず市販の曇り止めを塗ってあげましょう。

(追記終わり)


そして、これはガスケット装着による副次的な効果なのですが、ゴーグル状態で装着すると、花粉めがねとして機能するということです。このことに関しては、公式からのアナウンスではなく、Amazonのレビューにそう書いてあったために発覚しました(笑)。でも確かに、コレに限らず「ゴーグル」を装着してたら花粉が目に入りにくいですものね。納得です。

以上のことから、タイトルにあるように、「春は花粉めがね、夏はサングラス」として使えるわけですね。シマタは気に入りすぎてクリアレンズも購入しましたが(薄暗いインドアフィールドでのサバゲー・夜間の花粉めがね用)、スモークレンズ+ガスケットキットを一セット購入すれば、日中であれば一年中使えます。

(2020/8/13修正)

スモークレンズよりもESPレンズの方が対応力が高く、目も疲れにくいので普段使いならESPレンズ+ガスケットキットの方がいいです。

ガスケットキットの取り付け方

さて、記事をここまで読んで、RUSH+とガスケットキットを購入された方、おそらく「いやこれ、買ったは良いけどガスケットの取り付け方とか説明が無いやん!」と思われていることでしょう(笑)。

 

というわけで、ガスケットとバンドの取り付け方を写真を交えて説明していきます。

 

まず、ガスケットの鼻が当たる部分に注目してください。↓の写真にあるように、溝のついた出っ張りがあります。

f:id:shiM4tA1:20200813160509j:plain
ここに、RUSH+のノーズパッドの真ん中を引っかけます。

 

そうしたら、その流れでガスケット上部にある爪をRUSH+にかぶせていきます。

f:id:shiM4tA1:20200813160528j:plain

 

上部を引っかけ終えたら、上下をひっくり返してガスケット下部の爪をRUSH+にかぶせていきます。

f:id:shiM4tA1:20200813160547j:plain

この時、爪だけでなく下部フレーム全体がRUSH+のレンズ下端を覆うような形になります。

 

ガスケットを装着したら、次はバンドです。

 

バンド接続用の穴がテンプルに開いています。

f:id:shiM4tA1:20200813160604j:plain

 バンド側の接続部分を穴に差し込んで、

f:id:shiM4tA1:20200813160621j:plain
 

奥まで差したら90°回します。

f:id:shiM4tA1:20200813160637j:plain
これにて完成です。

 

花粉めがねとして使用するだけなら、バンドは装着しなくても良いと思います。そのあたりはお好みで。

 

さて、一通り紹介したところで今回はこの辺で。皆さんの花粉・紫外線対策の一助になれば幸いです。

 

では、ノシ