シマタの趣味ブログ-shiM4tA1's Hobby Blog-

ガンプラとかゲームとかミニ四駆とか。好きな物について書いてます

UMP45いじりPart1:コスプレイヤー必見!?S&T UMPのマガジンをカッコ良く!

先日届いたUMP45ですが、実戦投入までのしばらくの間、性能アップに関係ない箇所を少しずついじっていこうと思います。

 

 

S&T UMP45はマガジンが地味

f:id:shiM4tA1:20200404001711j:plain

真っ黒テカテカなダミーカート

さて、このS&T UMP45は前回も言及した通りマガジンのスリット部からのぞくダミーカートが真っ黒テカテカです。この部分、シマタ的にはUMP45という銃のアイデンティティにもなっている「太くて長〜いストレートマガジン」の、いちばん重要な箇所だと思うのです!

S&T UMP45のマガジンのダミーカートを装飾する

そんなわけで、今回はこのマガジンをより本物っぽく近づけるためのカスタムをしていきます。某スマホゲーのUMP45コスをしようと思ってこの製品を購入したという人も必見ですよ〜。 

1.マガジンを分解する

f:id:shiM4tA1:20200404001816j:plain

マガジン底部のネジ

まずは、マガジン底部のこのネジを外します。

f:id:shiM4tA1:20200404001859j:plain

マガジンの給弾口付近を引っ張る

すると、このように

f:id:shiM4tA1:20200404001941j:plain

マガジンの外殻と中身

するりと中身が抜けます。要は中身の部品につけられたダミーカート様の凹凸が外殻に開けられたスリットからのぞいていたのですね。

2.ダミーカートを洗浄する 

そうしたら次にダミーカート部から汚れや油分を取り除きます。今回使ったのはこれ。

f:id:shiM4tA1:20200404002026j:plain

プラスチックを侵さないクリーナー

クレ パーツクリーナー プラスチックセーフ(買い置き)

 

 

 

いわゆるパーツクリーナーと呼ばれるもので、部品の脱脂・洗浄をすることができます。この製品はプラスチック対応で、プラ部分を侵さず洗浄できます。

 

これをブシューッと。

f:id:shiM4tA1:20200404002120j:plain

凹凸部に吹き付ける

f:id:shiM4tA1:20200404002154j:plain

洗浄したところ

3.ダミーカートにテープを貼る

洗浄液を拭き取ったら、いよいよ見た目をカスタムしていきます。

 

使うのは装飾用の金属粒子蒸着テープ。

f:id:shiM4tA1:20200404002239j:plain

文具コーナーで手に入れた金色のテープ

ニチバン マイラップ 金 (¥190)

 

 

 

このテープを凹凸部に貼ることで真鍮のカートっぽく見せようというわけです。先ほどの脱脂・洗浄はテープが剥がれにくくするための処理だったのですね。

f:id:shiM4tA1:20200404002334j:plain

テープをデザインナイフでカット(目分量)

で、横幅が合うようにテープをカットして・・・

f:id:shiM4tA1:20200404002414j:plain

丁寧に貼っていく

少しずつ、シワがよらないように貼っていき・・・ 

f:id:shiM4tA1:20200404002444j:plain

貼り終えたところ

出来ました。テープを貼る作業に少し根気がいりますが、そもそも自分で電動ガンをいじろうという気概のある方や、自分で工夫して衣装を用意できるコスプレイヤーさんなら問題ないと思います(笑)。

4.マガジンを組み立てる

f:id:shiM4tA1:20200404002527j:plain

逆順に組み立てよう

そうしたら、中身を元に戻して

f:id:shiM4tA1:20200404002557j:plain

完成~♪

ネジを締めて出来上がり。慣れれば一本あたり数分〜十数分でいけそうな感じですね。

やっぱりUMP45はマガジンが命! 

f:id:shiM4tA1:20200404002642j:plain

これぞ、UMP45

マガジンを装着したところ。そう、これこれ!この見た目を求めていたんだよ!!(笑)

 

今回行った作業は、エアソフトガンのカスタムとしては小規模な作業ですが、やったことで得られる印象の変化は絶大です。作業難度も低いので、UMP45ユーザーの方は是非チャレンジしてみてくださいね!